未だによくわかっていません!地域ならではの風習、厄入り?厄抜け?厄除け?

今日のブログは長編になります。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

今年40歳になり、前厄となりますので、まずは、高知市内にある

潮江天満宮で厄除けのご祈願をしてもらいました。

IMG_9016

先輩の経営者に、厄除けのお参りに行くなら、「初宮参り」に行った神社に

行かないといけないと教えて頂きましたので、母に私が初宮参りに

行った神社を聞き、潮江天満宮に行ったのです。

 

 

初詣にもなりますので、せっかくなので、おみくじを引いてみました。

IMG_9027

吉って、微妙・・・(汗)

しかも商売のところは、思わぬ損ありとあります・・・

 

 

夜は、厄入り?厄抜け?厄除け?の祝賀会がありました。

IMG_9035

終わってから言うのもなんですが、未だにこの地域の風習がよくわかっていません。

 

 

昨年末に多くの日本酒の樽を入れて頂きました。

IMG_9037

樽を入れて頂いた方々をお招きし、節分までにご披露するのです。

手前に見えるトイレットペーパーは、このあとしたゲームの景品ですので、

全然関係ありません。

 

 

いざ、祝賀会が始まると、まず輪を家族で抜けます。

IMG_9040

8の字を描くように輪をくぐり、最後に今年の恵方である「東北東」に向かって抜けます。

抜ける時に邪気を払うように、お手伝いの方に、ほうきではいてもらいます。

これを厄抜けというのでしょうか?

後厄が終わった時には、またお祝いをするのでしょうか?

 

 

ネットで調べてみても、詳しく説明しているサイトは見つかりませんでした。

厄抜けとは後厄が終わってのことだと、個人的には思ってました。

何人の方に「おめでとうございます!」と言われ、おめでたいことなの?と

一人疑問を持っていました。

私の友人にも厄入りをお祝いする同級生は少ないので、余計に疑問がふくらみます。

 

 

そこらの質問を何人の方に聞いてみましたが、「そんなもんながよ。」

と明確な回答は返ってきません(汗)

しまいには、そんな細かいを気にしな!やきねんごい(しつこい性格を意味します)がよ!!」

と言われる始末です(苦笑)

誰か私に詳しく教えて下さい。

 

 

ま、それは置いておいて、宴会のスタートです。

IMGP0780

右手前の卵の軍艦巻きが美味しかったです。

 

 

土佐あかうし、嶺北牛のステーキは一番人気ですね。

IMGP0783

 

 

当店自慢の手羽先の唐揚げは、いかなる時も外すことはできません。

IMGP0784

ゆっくりと写真を撮ったりしたのは最初だけで、あとはお酒を注いで回るのに専念。

お酒を飲める方には、一応全員と返杯したつもりですが、もしできてない方が

いらっしゃったら申し込みないです・・・

 

 

親族による余興もあります(笑)



おおとよ店の店長が飛び入り参加しましたが、すぐに踊れるところが凄い!

ちなみに、両サイドで踊っているのは、鬼嫁の姉達です。

姉だけあって、やりきる感が鬼嫁より上を行きますね(笑)

 

 

と言った感じで、楽しい一日を過ごすことができました。

地域の方々、従業員、そして家族に支えれて生きていることを

改めて感じることができました。

ちょっとお酒の量を減らし、健康に留意したいと思います。

いい一年になることを期待しましょう。

 

 

本当にありがとうございました!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント