新鮮な刺身が食べれる!?実際に愛媛県愛南町深浦漁港へ行ってみた。

深浦漁港
突然ですが、このような鮮度感にあふれるお刺身を食べたくありませんか?実は愛媛県愛南町にある深浦漁港に併設されている市場の食堂でいただいたものです。捌き立ての刺身を求めて、一般客も多く訪れる人気の食堂のようです。

深浦漁港
今回特別にこのような朝食をいただくことができました。朝からこんな食事が食べれるなんて、なんとも贅沢としかいいようがありません。

深浦漁港
伊勢海老のお味噌汁なんて、お正月でも食べることがありませんので、贅沢過ぎてちょっと引け目を感じてしまうほどです。愛媛県愛南町のお味噌は非常に甘く感じたのが印象的でした。地域によって味噌や醤油の味が異なるのが、その土地の物を食べれる幸せの一つです。

深浦漁港
深浦漁港に来たのは、市場食堂にわざわざ美味しいもの食べにきたわけではありません。深浦漁港の市場そのものを見学に来たのです。実は、愛媛県愛南町の深浦漁港で、朝水揚げされた新鮮な魚が夕方には当店に並ぶという、画期的なことが始まるのです。当店はいずれも山にあり、その日に水揚げされた魚がその日に売場に並ぶなんて、それはもう非常にありがたいことです。スタートするにあたり、一度市場を見ておこうということなのです。

深浦漁港
市場に入ってみるとわかるのですが、深浦漁港の市場は、全く魚臭さを感じることがありません。普通は魚の生臭さを感じますが、こちらの市場は水揚げされた魚は長時間置かないという決まりがあるようで、しかも生きている魚も多くみかけます。

深浦漁港
今回お世話になるのは、西南PJ株式会社さんです。西南PJさんより新鮮な魚を仕入れさせていただくことになりました。魚の目利きにもこだわりがあって、安心してお任せすることができます。

深浦漁港
市場の競りを見ることができました。競りの入札はそろばんを使ってやるのは、初めてみました。黒板にチョークで書く入札よりスピード感があって、見ていて楽しいですね。競り人は、入札された金額を覚えているのが凄いですね。

深浦漁港
残念ながらこの時期では味わえませんでしたが、春には「びやびやかつお」という超鮮度がいい鰹が食べれるようです。次回はわざわざ「びやびやかつお」を食べに来たいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント