なみなみと注がれるアレとは!?やきとり宮川 四ッ谷にて。

やきとり宮川
しばらくブログの更新をさぼっており、失礼しました。気がつけば弊社ホームページもリニューアルしており、以前より見やすくなっているとは思いますが、またそれは改めての話にしたいと思います。毎年この時期は出張続きで、ネタはあるものの更新が滞りつつありますので、また定期的に更新していきたいと思います。

東京に出張した際にどうしても行ってみたかったお店があります。それは「やきとり宮川」さんです。ホテルから近い四ッ谷にあるお店を今回選びましたが、都内には三店舗経営されています。実はこの「やきとり宮川」さんは、仕事をやりやすくする環境を整えて備える「環境整備」で全国から視察が絶えないお店なのです。

【やきとり宮川 四ッ谷】

〒102-0085 東京都千代田区六番町15−2 四ツ谷鳳翔ビル1F

電話:03-3221-4833

営業時間:平日ランチ11:30~14:00、ディナー18:00~23:00

土日祝日 ディナー営業のみ 17:00〜22:00

定休日:第1土曜日

 

やきとり宮川
調理場やバックヤードでは環境整備に物凄く取り組んでいる様子がわかるかもしれませんが、残念ながら店内に座って飲んで食べる感じでは、環境整備のすごさはわかることができません。普通に飲みに来ただけですので、それは仕方ありませんね。焼き鳥屋さんですから、まずは焼き鳥をたべないことには始まりません。過去のも何度もブログに書いていますが、私が住む嶺北地域では、専門店で焼鳥を食べることができませんので、ついつい足が向いてしまいます。

やきとり宮川
手羽先の奥に見えるのは、山椒と七味です。普段みることのない、こだわった黒七味に山椒でした。香りもよく焼鳥の味が引き立ちますね。この日は一人で飲みに出たわけですが、一人で好きなものを飲んで食べるのも嫌いではないですが、やはり話相手がいないのは寂しく感じてしまいますね。ですので、ついついお酒が進んでしまいました。



「なみなみスパークリング」というメニューが目に飛び込んできましたので、すぐ注文してしまいました。動画をみていただいたら、よーくわかりますが、まるで日本酒の升に注ぐ様に、どんどんとスパークリングワインが注がれます。近くで見ていると、そんなにも注いでもらっていいの?こぼれそうになったら、思わずもういいのでと手が出そうになりました。飲む側のテンションが上がる、そんな飲み方でした。今度行くなら複数人で行きたいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント