皿鉢(さわち)

高知の山間、嶺北地域からの皿鉢
皿鉢(さわち)
皿鉢(さわち)
地元のものを多く使った物で作りたいという気持ちから、山の幸であるぜんまい、イタドリの煮物、ウド、りゅうきゅうの和え物、また地元でとれたいのししの煮物も入れました。
ようかんは、お店でも通販でもとても人気のある商品で、オリジナルのものです。あずきようかんは少し固めで、味の濃いようかんです。ニッケイようかんは好き嫌いがはっきりしますが、一口食べると何だか懐かしく思えるようかんです。
お寿司は田舎寿司(山菜の寿司)にサバ寿司。田舎寿司の中でもたけのこ寿司は他とは違って、酢飯にさんしょうを混ぜています。またサバ寿司は山間ということもありとれたての魚をそのまま使うことが難しいので、塩、酢で締めたサバをそのまま姿寿司で豪快に使っています。
すえひろ屋の皿鉢は、見た目に少し豪華さに欠けるかも知れませんが、地元でとれたものを本当に一つ一つ手間ひまをかけつくった物を一つの皿に組み込んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL