アイスクリームにコーヒー!!土佐の山間に新店舗がゾクゾク開店!!いよいよ解禁になった鮎の姿寿司!!

───────────────
いよいよ解禁になった鮎を、姿寿司にしました。四国最大の川である吉野川の清流で育った鮎だけを使っています。
www.suehiloya.com/SHOP/31-011.html?mm=14501
───────────────
高知で姿寿司といえば、鯖が欠かせません。豪快に尾頭付きで仕上げました。使っているのはブランド鯖の「清水サバ」
www.suehiloya.com/SHOP/31-006.html?mm=14502
───────────────





八八八八八八八八八八八八八八八
  ______
 /      \
 \  末広  /
  \    /
   \__/
土佐の高知のすえひろ屋メールマガジン
  第145回目(2018/06/05発行)
 ~旬の旨いを土佐の山間より~
www.suehiloya.com/?mm=14503
八八八八八八八八八八八八八八八





こんにちは。

土佐の高知のすえひろ屋、社長の「末広マスオ」です。



早いもので、もう6月。

あっという間に、今年も折り返し地点に来てしまいました。



ところで、6月17日(日)は、父の日です。

もうプレゼントの準備はされましたか?



────── ◆ ──────



エン・ジャパン株式会社が今年行ったアンケート調査によると、父の日にプレゼントを贈ると答えた方は51%だったそうです。
www.sankeibiz.jp/business/news/180511/prl1805111452065-n1.htm

半数以上はプレゼントを贈るんですね。



お父さんも安心、と思ったら、

  母の日にプレゼントを贈る方は全体の74%。

なんと、母の日に20%以上も差を付けられているではありませんか!!

お父さん、かわいそう・・・(涙)



────── ◆ ──────



予算については、最も多かったのは「3,000円以上、5,000円未満」だったそうです。

ちなみに、

  母の日43%
  父の日42%

と、予算では母の日と同じで、一安心です。



────── ◆ ──────



プレゼントの品物についても聞いています。

  「靴下・下着・パジャマなどの衣類」(38%)
  「お酒」(35%)
  「その他」(22%)

という順位だったそうです。



────── ◆ ──────



私の個人的な希望としては、やっぱりお酒ですかね。

でも娘も中学生になり、最近は会話も少なくなってきたので、プレゼントをもらえるかどうかが心配です(大汗;)



────── ◆ ──────



すえひろ屋では父の日に合わせて、スペシャルメッセージカードを無料でお付けしています。

50文字以内で『手書きで』メッセージを書いて、このカードをお付けします。



父の日ラッピングサービスも実施中です。

こちらは有償ですが、父の日スペシャルラッピング用紙でラッピングしてお届けします。



6月12日までのご注文で、6月17日の父の日のお届けが可能です。

ご注文は、お早めに!





───────────────
日本酒が大好きなお父さんには、『山』をどうぞ。すえひろ屋オリジナル清酒の『山』は、精米歩合45%まで磨き上げた山廃作り。他では手に入らない、希少なお酒です。
www.suehiloya.com/SHOP/23-061.html?mm=14504
───────────────
今が旬の鰹のタタキに土佐の酒「七海(ななみ)」をセットしました。すっきりとキレのある辛口の純米酒。冷やでも燗でも飲みやすい、晩酌定番酒です。
www.suehiloya.com/SHOP/25-300.html?mm=14505
───────────────
日本酒が苦手なお父さんには、焼酎はいかが?鰹のタタキに土佐の焼酎「土佐藩(とさはん)」をセットしました。
www.suehiloya.com/SHOP/25-301.html?mm=14506
───────────────





◆━━━━ 目 次 ━━━━◆
(1)オススメ商品
(2)アイスクリームにコーヒー!!土佐の山間に新店舗がゾクゾク開店!!
(3)今週のランキング
(4)あとがき
◆━━━━━━━━━━━━━◆




★==============
(1)オススメ商品
==============★

毎月すえひろ屋が厳選した旬のグルメをお届けしている

『頒布会(はんぷかい)』

次回のお届けとなる6月の『頒布会』は、



●A山本かまぼこはちきん地鶏かまぼこ(190g)など、またはB河村かまぼこやさい天(160g)と小丸(2本)
※指定無き場合は、Aをお届けします。Bをご希望の方は、備考欄に「B希望」とご記入下さい。
●いの町産水田さんのきび(2本)
●久礼高知屋ところてん(2食)
●すえひろ屋特製アジ棒寿司(1本)
●土佐れいほく産米なす(3本)
●すえひろ屋特製収穫祭ゼリー(2個)
●土佐市浜吉ヤ鰹コロコロ(200g)





────── ◆ ──────



今回の『どっちか対決』は、

  A山本かまぼこはちきん地鶏かまぼこ(190g)など
  B河村かまぼこやさい天(160g)と小丸(2本)



今回の対決は、新旧のかまぼこ屋さんの対決です。

室戸の「山本かまぼこ」さんとは、お客さんの熱烈なリクエストで新しくお取り扱いを始めたばかり。

一方、もう数十年のおつきあいになる香南市の「河村かまぼこ」さんは、お客さんから「また送って」とリピート率が高いお店なのです。



どちらも高知を代表する老舗で、機械に頼らず、手づくりと地の素材にこだわる”いごっそう”ぶり。

こんなお店が高知にある幸せですね。



~~~~~~~~
A山本かまぼこはちきん地鶏かまぼこ(190g)など
~~~~~~~~

はちきん地鶏かまぼこは、カマボコの中にはちきん地鶏のすり身入り。

山本かまぼこさんは、創業明治44年の超老舗です。



~~~~~~~~
B河村かまぼこやさい天(160g)と小丸(2本)
~~~~~~~~

河村かまぼこの野菜天は、高知の老舗『河村かまぼこ』の自慢の天ぷら野菜天です。

新鮮な野菜、ゴボウ、タマネギを高知の近海で取れたいとよりあじのすり身で包み、大豆油175度で丁寧に手揚げをした一品です。

そのままおつまみとしてお召し上がり下さい。



河村かまぼこ店は高知市から少し東、高知県香南市香我美町にあります。

明治33年創業の老舗です。

創業百年、地元では「伊勢や」と屋号でよばれます。



手作りにこだわり、原料となる冷凍すり身は特注で仕入れをしています。

職人による情熱とこだわりが、美味しいかまぼこを作り出します。

河村かまぼこ店さんは個人経営のかまぼこ店。大量生産はできません。

生産の70%を手作りし、原料となる冷凍のすり身は特注で注文するというこだわり。

商品の安全、安心を第一に、お客様に満足していただける商品を販売するというお客様第一のかまぼこ店なんです。

すり身造りは職人の技術と熟練の技を必要とします。機械で造るライン生産では、決しておいしい物は生まれません。



────── ◆ ──────



いの町産水田さんのきびをお届けできる季節になりました。

この季節の楽しみが、この水田さんのきびです。

高知ではとうもろこしのことをきびと呼びます。



高知自動車道伊野ICを降りた場所は、「きび街道」として知られています。

おなじみ、いの町枝川のきび街道で水田さんが育てた『きび』。

清流「仁淀川」流域の、いの町で育った甘いトウモロコシです。

水田さんが大切に育てた、甘くてみずみずしい自慢のトウモロコシです。



────── ◆ ──────



ところてんも同梱します。

高知屋さんは、高知県中土佐町久礼にあるところてん屋さんです。

大正町市場横にあって、ツルツルの食感に、しっかりとした歯ごたえがあるところてんです。



瀬戸内産天草100%使用、添加物なしの『ところ天』です。

天草を干すところから始まり、ところてんになるまでの一連の作業工程の全てを手造りにこだわる『ところ天』です。



高知のところてんの特徴は、なんといってもかつおだしで食べることですね。

多くのところてんは三杯酢やポン酢で食べますが、風味豊かなかつおだしで食べるのは、鰹をよく食べる高知県ならではの風習かもしれませんね。

香り高いかつおだしのおつゆは、さっぱりとコクのある醤油味で、喉ごし良く一気にめしあがれます。

気がついたら、このかつおだしのつゆを飲み干していますので、それぐらい美味しいつゆだと思っていただいていいでしょう。

しっかりとした食感のところてんと、香り高いかつおだしは絶妙にマッチし、火照った体を癒してくれます。



────── ◆ ──────



すえひろ屋特製アジ棒寿司も同梱します。

土佐沖で獲れた脂ののったアジを棒寿司にしました。

すえひろ屋の寿司の中でも、人気上位です。

青アジを食べやすく3枚おろしにして、すえひろ屋こだわりの酢で締めました。

アジのうまみを逃さないように、板昆布で包みました。



アジは大衆魚の一つで、アジの種類には色々あります。

一般的に流通している真アジ、青アジ、くさやの原料になるムロアジ、高級魚とされるシマアジなどがあります。

日本各地で獲れ、暖流に乗って回遊しています。

味の良い魚なのでこの名前がつけられた、という由来があります。



────── ◆ ──────



さらに、米なすも同梱します。

まるまるした嶺北産の米なす。

やさしい農法で作られています。



────── ◆ ──────



すえひろ屋特製収穫祭ゼリーは、チュルチュル、ひんやり。

収穫祭ゼリーは、無添加、自然素材のみ使用。

甘さもあっさりめが身上、つるんと気持ちがいいゼリーです。

高知の特産果実をテーマに、寒天のみを使用した、素材を生かしたシンプルゼリーです。



────── ◆ ──────



鰹コロコロは、鰹の角煮。

おかずにも、晩酌の肴にもどうぞ。

土佐市の浜吉ヤの自慢の商品です。



────── ◆ ──────



ご注文は本日6月5日23時59分で終了です!
20日頃の発送となります。
今すぐご注文下さい。





───────────────
【旬のグルメ頒布会6月】
●A山本かまぼこはちきん地鶏かまぼこ(190g)など、またはB河村かまぼこやさい天(160g)と小丸(2本)
※指定無き場合は、Aをお届けします。Bをご希望の方は、備考欄に「B希望」とご記入下さい。
●いの町産水田さんのきび(2本)
●久礼高知屋ところてん(2食)
●すえひろ屋特製アジ棒寿司(1本)
●土佐れいほく産米なす(3本)
●すえひろ屋特製収穫祭ゼリー(2個)
●土佐市浜吉ヤ鰹コロコロ(200g)
www.suehiloya.com/SHOP/22-002.html?mm=14507
───────────────
【旬のグルメ頒布会+(プラス)6月】
上記の頒布会に1品プラスしました。今月は『水田さんのきび(10本)』を一緒にお届けします。
www.suehiloya.com/SHOP/1-051.html?mm=14508
───────────────
【土佐の酒と肴の頒布会6月】
●司牡丹酒造(佐川町)「維新の里」純米酒<720ml>
●すえひろ屋特製みょうが寿司(6個)
●タナカショクおつまみ豆腐(宗田節、山椒各1個)
www.suehiloya.com/SHOP/22-003.html?mm=14509
───────────────
【お肉の頒布会6月】
幻の和牛と呼ばれる土佐あかうしと、月替わりで厳選お肉をお届けします。

●2~3人前【おてごろせっと】
www.suehiloya.com/SHOP/22-044.html?mm=14510

●3~4人前【ごまんえつせっと】送料無料!
www.suehiloya.com/SHOP/22-045.html?mm=14520
───────────────
【野菜の頒布会6月】
10種類前後の野菜を詰め合わせてお届けします。すえひろ屋のバイヤーが厳選した旬の野菜は、安全で安心。野菜本来の濃い味をお楽しみいただけます。
www.suehiloya.com/SHOP/22-004.html?mm=14511
───────────────





★==============
(2)アイスクリームにコーヒー!!土佐の山間に新店舗がゾクゾク開店!!
==============★

嶺北の本山町に、また新しいスポットができました。

当社のお取引先様でもある「さめうらフーズ」さんが手掛けるお店です。

さめうらフーズさんは、地元の食材を活かしたアイスクリームを中心に、ぽん酢やゆずジュースなどを作られているメーカーさんです。



お店の名前は「SORA(そら)」というようです。
i1.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/img_0004.jpg

由来はお店の人に聞いてください(笑)



────── ◆ ──────



オープンされて2~3日後にお祝いも兼ねて家族でお邪魔しました。

店頭には多くのお祝いのお花が飾られていました。

駐車場も十分にあり、本山町に入ってすぐの場所にあります。

アイスクリーム・ジェラート・ソフトクリームを中心に、ドリンクまで揃っております。
i1.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/img_0006.jpg



────── ◆ ──────



私はマスクメロンと、メイプルアンドナッツのダブルにしてみました。
i2.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/img_0005.jpg

子供達を連れて行きましたが、あっと言う間に食べてしまうほど、美味しかったです。



これからの暑い季節は特に繁盛されることでしょう。

火照った体を冷やしに、ちょっと「SORA」さんに寄ってみてはいかがでしょうか?



────── ◆ ──────



こちらも嶺北の土佐町に新しくできたスポットです。
i2.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0007.jpg

今年の1月にオープンしましたが中々お店に行く機会がなく、このタイミングになってしまいました。



~~~~~~~~
【cuddle cafe (カドルカフェ)】
所在地: 〒781-3521 高知県土佐郡土佐町田井1485
営業時間:11時00分~16時00分
定休日:土・日・月曜日
電話: 070-2194-8289
~~~~~~~~



────── ◆ ──────



こちらの「カドルカフェ」さんは高知県のチャレンジショップ制度を活用して開店されました。

子育て中の女性らが土佐郡土佐町田井でカフェの運営に乗り出しました。

店名は

  「優しく抱き締める、寄り添う」

という意味があるようです。



────── ◆ ──────


メニューはこのような感じです。
i2.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0008.jpg

今回の目的は「やまねさんのコーヒー」を飲むことです。



メニューだけ見てもなんのこっちゃとなるかもしれませんが、実はこの「やまねさん」とは、当社で働く男性社員です。

コーヒーが大好きという貴重な趣味を持っており、自宅で焙煎もしております。

やまねさんがブレンドし、更に焙煎したものを飲むことができるのです。

自分の趣味を食の発展や地域の振興に役立てることができるなんて、素晴らしいですね。



────── ◆ ──────



私は水出しアイスコーヒーを飲んでみました。
i1.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0009.jpg

嫁さんがホットコーヒーを飲んでいたので、そちらと味比べ。

ホットコーヒーの方は優しい味で気持ちが和らぎます。

一方アイスコーヒーは私好みの濃さがあって、どちらも美味しいコーヒーです。



コーヒーの他にも美味しいメニューがあるようですので、またお邪魔したいと思います。

ぜひ嶺北にお越しの際には「カドルカフェ」さんもチェックしてください。





★==============
(3)今週のランキング
==============★

★1位:四万十うなぎセット<3尾>

日本最後の清流「四万十川」育ちの鰻を、こだわりの4度焼き。秘伝のタレをつけては焼き、つけては焼き・・・
www.suehiloya.com/SHOP/30-012.html?mm=14513



★2位:初鰹<3節せっと>

今が旬!!の初鰹に、特製タタキのタレ、薬味せっと、柚子酢まで付けてお届け。もちろん藁焼きの本格派。
www.suehiloya.com/SHOP/30-037.html?mm=14513



★3位:土佐あかうし焼肉用

暑くなってくると、スタミナ補給に焼肉が食べたいですよね。幻の和牛「土佐あかうし」なら、黒毛和牛の2倍の美味しさ。
www.suehiloya.com/SHOP/25-031.html?mm=14514



★4位:清水サバ姿寿司<皮あり>

皮ありと皮なしがありますが、見栄えがいい<皮あり>がランクイン。皿鉢(さわち)には欠かせないお寿司です。
www.suehiloya.com/SHOP/31-006.html?mm=14515



★5位:すえひろ屋のぼうしぱん1個(チョコチップ入)

「高知にしか無いの??」と高知県民は逆に思ってしまうぼうしパン。麦わら帽子のような外観を見ると心が騒ぎます。
www.suehiloya.com/SHOP/34-003.html?mm=14516





★==============
(4)あとがき
==============★

実は密かに私が晩酌する際にハマっているものがあります。

こちらの画像にあるように、おつまみ豆腐「百二珍(ひゃくにちん)」というものです。
i0.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0017.jpg

二と付いていますので、もちろん百一珍と呼ばれる商品もあります。

今回は百二珍の紹介になります。



────── ◆ ──────



こちらの百二珍はなんと常温で賞味期限が180日もある、なんとも変わったお豆腐なのです。

パッケージを開けてみるとこのような感じで、みる限り豆腐という感じは全くしません。

まるでビーフジャーキーのような外観です。
i2.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0019.jpg

別の角度から撮ってみても、スティック状になっており、豆腐らしさは感じることができません。
i2.wp.com/www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2018/05/IMG_0020.jpg



────── ◆ ──────



文章では表現しにくいので、食べて見ないと食感をお伝えするのが難しいです。

なんとも不思議な食感で、柔らかくもあり歯応えもあって、本当にくせになる食感です。



奥に見えるのは麦焼酎のソーダー割ですが、焼酎にもよく合います。

スモークされた豆腐はお酒が進むので困っちゃいますね。

私はこのままかぶりついちゃいましたけど、大勢で飲むときは、スライスしてお皿に盛り付けるといいですね。



────── ◆ ──────



この商品を作られているタナカショクさんは日頃から大変お世話になっているメーカーさんであります。

高知県で非常に親しまれている木綿とうふもたくさん作られていますが、近年は付加価値のある豆腐の製造に力を入れられております。

商品特徴は以下のようになっています。



~~~~~~~~
国産大豆を使用し、燻製専用に製造した豆腐を「桜チップと四万十栗の鬼皮」をオリジナルブレンドしたチップで燻した香り豊かな燻製豆腐です。秘伝の醤油ダレに浸け込み、スモークされた豆腐はお酒のお供にピッタリ!
~~~~~~~~



────── ◆ ──────



なんと全部で8種類の味があるようです。

画像には写ってませんが、私個人的には「山椒」「七味」など香辛料のフレーバーが好みです。

末広ショッピングセンターのお酒売り場で販売していますので、ぜひ一度食べていただきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL