旬真っ盛り!秋の味覚「新高梨」は大玉がオススメです。

八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八
八  ______                                                八
八 /      \  土佐の高知のすえひろ屋メールマガジン   八
八 \  末広  /      第4回目 (2012/10/15発行)          八
八  \    /      ~旬の旨いを土佐の山間より~        八
八   \__/        www.suehiloya.jp/          八
八                                                                八
八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八八


こんにちは。
土佐の高知のすえひろ屋です。


第4回目のメルマガです。
最後までお読みいただけると、嬉しいです。


すえひろ屋が高知県嶺北(れいほく)地域は、標高200~300mの山の中にあり
ますので、先週ぐらいから気温が急に下がってきました。高知県というと南国
のイメージが強いですが、よく雪も降る土地です。急に気温が下がったせいか、
この数日は朝もやが凄く、一面真っ白で全然前が見えませんでした。年に数回
見れる神秘的な風景でした。長袖二枚を重ね着しないと、ちょっと寒いぐらい
ですので、風邪をひかないようにしたいものです。
皆さんも体調にはくれぐれもお気を付け下さい。


今後とも末永くお付き合い下さいませ。



──────────────────────────────
目 次
──────────────────────────────

1.すえひろ屋、過去最大のピンチ!

2.オススメ商品

3.あとがき

──────────────────────────────


──────────────────────────────
1.すえひろ屋、過去最大のピンチ!
──────────────────────────────
第4回目のお話は、昔になりますが、昭和45年におこったすえひろ屋がつぶれ
るかもしれないというお話です。


昭和45年7月に末広ショッピングセンターはリニューアルオープンをしました。
売場面積は120坪でしたが、当時では大きなスーパーだったようです。創業者
である山下末広(やましたすえひろ)がちょうど50歳の時でした。


オープン一ヶ月後の8月に・・・


高知県に台風10号が直撃!


高知県では記録的な高潮とあり、高知市の瞬間最大風速も観測史上一位を記録
してました。末広ショッピングセンターもその影響を受け・・・



なんと、末広ショッピングセンターの屋根が吹き飛んだのです!!


大きな借金をして、リニューアルオープンした新しいお店が、わずか一ヶ月後
に屋根が飛んでしまったというショック。この話を聞いた・見た人々は「末広
は潰れるろう。」と予想したそうです。すでに大きな借金をしているため、金
融機関もなかなか手を貸してくれない状況の中、山下末広が必死で金策に走り、
なんとか持ち堪えたそうです。そのおかげで、55年も事業を継続することがで
きています。


次回は二代目の山下修(やましたおさむ)のお話しです。



社員もブログを書いていますので、是非のぞいてください。
「高知の美味しい物をお届けする「すえひろ屋」社員のブログ」
blog.goo.ne.jp/hachikin-reihoku/


若旦那?マスオさんのブログもよろしくお願いします。
「嶺北(れいほく)は末広がり」
suehiromasuo.blog44.fc2.com/


facebookページに「いいね!」を押してください。
www.facebook.com/suehilo


twitterでもつぶやいています。
twitter.com/suehiloya



──────────────────────────────
2.オススメ商品
──────────────────────────────



旬真っ盛り!出荷のピークを迎えます。

■黒岩産新高梨



当店は、5玉サイズをオススメしています。
今年は大玉傾向にあり、4玉・5玉サイズが中心となります。



◎新高梨とは?



新高梨とは高知県を代表する秋の味覚で梨の王様と呼ばれています


新高梨の名前の由来は新潟産の天の川梨と高知産の今村秋梨を掛け合わせた梨
でそれぞれの県名から 1文字をとって「新高梨」と命名されたのが名前の由来
と言われていましたが、実は新高梨は神奈川県産の長十郎梨と新潟産の天の川
梨から生まれた梨だというのが 2010年9月に梨のDNA検査の結果で明らかに
になりました。


でも昭和2年に新高梨と命名されて真っ先に苗木が栽培されたのが高知県が誇
る新高梨の名産地高知市針木地区。 つまり高知は生みの親でなく育ての親だ
ったんです。高知県が育ての親だったからこの美味しさがあるのです。



詳しくは⇒www.suehiloya.com/SHOP/9-501.html



赤身中心の牛肉と地鶏とのヘルシーセット

■「嶺北牛」と「はちきん地鶏」豪華コラボの焼き肉セット



幻の牛肉と呼ばれる嶺北牛と噛むほどに味わい深いはちきん地鶏を
一緒に楽しめるお得なセット。
【送料無料】でお届けします。



◎幻の和牛と呼ばれるほどの希少品、それが嶺北牛



嶺北牛は「土佐あかうし」を中心とした、高知県の嶺北地方で放牧されている
牛肉です。


土佐あかうしは褐毛和種高知系の品種で、日本の肉用牛である和牛4品種(黒
毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種)のうち、高知県内でしか改良され
ていない褐毛和種・高知系の通称。高知県内では土佐褐毛牛とも呼ばれていま
す。昭和19年に「褐毛和種」(あかげわしゅ)として認定されました。


同じ褐毛和種である熊本系とは毛色において特徴が異なり、褐色の体色に対し、
目の周囲、鼻、蹄等が黒い特徴を持つ「毛分け」と称する毛色が一般的です。
その後も改良を重ね、現在では黒毛和種に勝るとも劣らない評価が得られるま
でになりました。



詳しくは⇒www.suehiloya.com/SHOP/21-018.html



■水晶文旦



高知を代表する秋の高級果実!
繊細で上品な甘さから「柑橘界の女王様」と呼ばれています。



◎水晶文旦とは?



水晶文旦は、その繊細で上品な甘さから「柑橘界の女王様」と呼ばれる高知県
を代表する秋の高級果実なのです。大変デリケートな果実で露地栽培ができず、
ハウスの中で丹精込めて栽培されています。出荷時期は、9月中旬~11月中
旬頃までです。


文旦の中では一番早い水晶文旦。果汁たっぷりの上品な甘さは土佐の秋の味覚
No.1なのです。



詳しくは⇒www.suehiloya.com/SHOP/7-121.html



■清水サバ姿寿司



清水サバ姿寿司の皮が「あり」「なし」でご指定頂けるようになりました。



すえひろ屋では、食べやすいようにサバの皮を剥いでいましたが、ご贈答でご
利用頂いているお客様から「見栄えがいいように、皮を剥がないで欲しい。」
とのリクエストがございました。お好きな方をご指定下さいませ。


◎清水サバとは?




高知県土佐清水市で水揚げされる国内屈指の地域ブランド「清水サバ」。足摺
岬周辺の水深200メートルまでの大陸棚域に生息するゴマサバ(※1)を、立縄
漁(※2)という独特の漁法で一匹ずつ釣り上げ、生け簀に入れて港まで持ち
帰ります。日本の太平洋各地で水揚げされるサバは秋が旬で「秋サバ」と称され、
脂肪が身に入りこみ、身もしまり風味が格段に上がります。


詳しくは⇒www.suehiloya.jp/shun_shimizusaba.html



──────────────────────────────
3.あとがき
──────────────────────────────

お歳暮年末年始ごちそうカタログの最終仕上げ段階に入りました。


今月下旬から順次発送を行いますので、今月中にはみなさんのお手元にカタロ
グが届くと思います。おきゃくに欠かせない土佐の皿鉢に、鰹のタタキ、姿寿
司、嶺北牛など、山・川・海・地元のもんがふんだんに入ってます。


今年のイチオシは、「幻の和牛」と呼ばれる土佐あかうしでしょう。飼育する
農家が減っておりますが、消費が増えると、この地域への活性化にもつながる
と我々は考えています。地元嶺北(れいほく)地域の美味しいものはすえひろ
屋にお任せ下さい!


今回のカタログ写真ですが、高知県から徳島県を流れる吉野川の支流で、「汗
見川」で撮影しました。地元の人のみが知る「亀岩」と呼ばれる飛び込みスポ
ットです。すえひろおんちゃんと一緒に写っているシンタローくんが将来、こ
の「亀岩」から飛び込むことができるでしょうか。地元の小・中学生がどんど
ん飛び込んでいる様子を見ると、田舎のたくましさを感じることができます。


カタログがお手元に届くまで、もうしばらくお待ちくださいませ。



──────────────────────────────
土佐の高知のすえひろ屋メールマガジン
──────────────────────────────

このメルマガは、すえひろ屋・嶺北地域・高知県の情報をいち早くお届けする
会員向け無料サービスです。


(このメルマガは「過去にご注文頂いた方」、「お申し込みいただいた方」、
「名刺交換をさせていただいた方」、に配信させていただいています。今後ご
不要の方は「配信解除」をしてください。)


配信解除
⇒ suehiloya.com/SHOP/mailmag.html


メルマガ登録はこちらからどうぞ
⇒ suehiloya.com/SHOP/mailmag.html


お問い合わせはこちらからどうぞ
⇒ cart9.shopserve.jp/-/suehiloya.com/FORM/contact.cgi


Copyright(c)2012 株式会社末広 All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント