ジビエ!?土佐あかうし!?極上のステーキハウスとは??文旦ついに予約スタート!!

───────────────
ご予約スタート!冬のフルーツの女王と呼ばれる文旦(ぶんたん)はお早めにご予約下さい。こちらは農薬を使わずに育てているので、皮まで安心して使えます。
www.suehiloya.com/SHOP/7-055.html?mm=11201
───────────────
外観が美しい文旦を選りすぐりました。ギフト用に最適です。女王の名にふさわしい文旦を、先様に愉しんでいただけるでしょう。
www.suehiloya.com/SHOP/7-042.html?mm=11202
───────────────





八八八八八八八八八八八八八八八
  ______
 /      \
 \  末広  /
  \    /
   \__/
土佐の高知のすえひろ屋メールマガジン
  第112回目(2017/01/31発行)
 ~旬の旨いを土佐の山間より~
www.suehiloya.com/?mm=11203
八八八八八八八八八八八八八八八



こんにちは。

土佐の高知のすえひろ屋、社長の「末広マスオ」です。



いよいよ恐怖の「あの日」が近づいてきました。



  ┏━━━━━━━━━━┓
  ┃          ┃
  ┃ バレンタインデー ┃
  ┃          ┃
  ┗━━━━━━━━━━┛



私は既婚者ですし、子供も二人いるので、あまりチョコレートのやりとりに関係ありません。

それでも男としては、やっぱりそれなりに気になります(笑)



────── ◆ ──────



楽天リサーチ株式会社が2017年1月6日から7日に行ったアンケートでは、女性の51.8%がバレンタインデーに何らかのプレゼントを渡す予定だとか。
research.rakuten.co.jp/report/20170124/

また渡す相手について聞いたところ、「パートナー(配偶者や恋人)」が71.8%と最も高く、次いで「家族(48.3%)」、「会社、取引先や男性の友人など義理チョコを贈る相手(29.0%)」となったそうです。



ということは、私も家族や社員からチョコをもらえるかも知れませんね。



────── ◆ ──────



またアンケートでは「思いを寄せている相手」という項目は5.4%と、昨年同様に少数(昨年4.1%)だったそうです。

私が学生の頃は『愛を告白する日』ということが一般的で、私も

  「大勢に告白されまくったらどうしよう・・・」

と密かに心配をしていました。

まあ、いらぬ心配だったのですけれど(苦笑)



────── ◆ ──────



また昨年に比べ、「自分自身」および「女性の友人」に渡すと回答した人は増加しており、なかでも「女性の友人」に渡すと回答した人は昨年の6.2%に比べ13.9%と倍以上に増加したのだとか。

「友チョコ」の傾向が強くなっていますね。



一方、男性500名に今年のバレンタインデーに何らかのプレゼントをもらえると期待しているかを聞いたところ、「いいえ」と答えた人が45.4%となり、「はい(37.6%)」に7.8ポイントの差をつけて上回ったそうです。

男性にはなかなか厳しいバレンタインデーになりそうです(冷や汗;)



────── ◆ ──────



ところで末広ショッピングセンターでは例年、バレンタインデーに合わせてイベントを開催させていただいています。

「デコチョコ教室」です。



~~~~~~~~
デコチョコとは?
~~~~~~~~

近年デザインが自分の好きなようにできるデコチョコが、大人気で
す。

板チョコやカップチョコにデコペンなどで文字を書いたり、マーブ
ルチョコやグミやクッキーなどをトッピングして、自分だけのオリ
ジナルチョコを作ります。

世界に一つだけのチョコができるので、小学生以下のお子様を中心
に大変人気のあるデコレーションしたチョコレートです。



────── ◆ ──────



昨年も午前10時からと午後3時からの2回開催させていただきました。

実は、私の娘と息子も参加していたんですよ。
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/01/DSC_0033-1024×576.jpg

息子の作品といえば・・・
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/01/DSC_0034-1024×576.jpg

メガ盛りで、お皿までチョコのトッピングで溢れています。

どんだけチョコが好きなんだろう・・・



午後に来ていただいたお客様も、親子で楽しそうに作っていました。

今年も開催予定ですので、ぜひご参加下さいね。





───────────────
すえひろ屋自慢の田舎寿司に、こんぶ巻き寿司、すえひろ屋のオリジナルはいからケーキ(はちみつ)1個を同梱した、バレンタインデー限定のセットです。無料でバレンタインデースペシャル包装紙のラッピング!
www.suehiloya.com/SHOP/25-101.html?mm=11204
───────────────
「もうちょっとボリュームが欲しい」そんな彼にはこちらのセットを。田舎寿司だけでなく、玉子巻きやこんぶ巻き、おいなりさん、焼きサバ寿司、文旦3玉まで入っています。
www.suehiloya.com/SHOP/25-100.html?mm=11205
───────────────
辛党の男性には、末広おんちゃんお気に入りの日本酒「七海純米」が入ったこちらのセットをどうぞ。
www.suehiloya.com/SHOP/25-103.html?mm=11206
───────────────





◆━━━━ 目 次 ━━━━◆
(1)オススメ商品
(2)ジビエ!?土佐あかうし!?極上のステーキハウスとは??
(3)今週のランキング
(4)あとがき
◆━━━━━━━━━━━━━◆





★==============
(1)オススメ商品
==============★

毎月すえひろ屋が厳選した旬のグルメをお届けしている

『土佐の酒と肴の頒布会(はんぷかい)』

次回のお届けとなる2月の『土佐の酒と肴の頒布会』は、



●すくも酒造(宿毛市)土佐藩〈720ml〉
●はちきん地鶏しゃぶしゃぶ用(ムネ200g)
●すえひろ屋特製ポン酢(140ml)
●大豊豆腐(1丁)
●本山町・東條さんの小松菜(1束)



────── ◆ ──────



今回お届けするのは、土佐藩です。

高知は日本酒がよく飲まれますが、最近は焼酎の人気も上昇中です。

そんな中、高知生まれの焼酎として注目なのが、この土佐藩です。



朝掘り昼仕込み。

契約農家が育てた麹は白麹の原酒に黒麹の原酒をブレンドしており、白麹独特のすっきりとした爽やかな喉ごしと、黒麹独特のコクと深み、そしてやわらかな味わいが見事に引き出されています。

絶妙なブレンドの自信作です。

香り立つお湯割りでどうぞ。



すくも酒造さんは、高知県西部の「宿毛市」活性化のために、平成20年に創業した新しい蔵元です。

宿毛市は、宿毛湾の漁業、宿毛平野の農業、山間部の林業などが盛んな、自然の恵み豊かな地域です。

この宿毛市にある医法山から湧き出る水は、軟水のなかでもカルシウムなどが極めて少なく、硬度15.8mg/lの名水で、「超軟水」を呼ばれています。

この水と地元産の芋にこだわり、「朝堀り昼仕込み(朝掘った芋をその日の昼に仕込む仕込む方法)」で造り上げた「宿毛市推奨」の芋焼酎が代表商品です。

全国に誇れる宿毛市推奨の特産品として少しでも多くの全国の方に宿毛の恵みを味わっていただきたいとおもい、情熱を込めて造り上げています。



────── ◆ ──────



一緒にお届けするのは、しゃぶしゃぶ用はちきん地鶏ムネ肉です。

土佐はちきん地鶏は引き締った肉質で、市販のブロイラーに比べて脂肪が少なく、熟成した味わいが特徴です。

「雑味のないすっきりとした味」、「骨の髄までうまみが詰まっている」と、県内の料理人からの評価も高い土佐はちきん地鶏。

坂本龍馬が好んで食したという「土佐九斤」と「大軍鶏」をかけあわせたクキンシャモを父親に、白色プリマスロックを母親にして、5年の歳月を費やしてついに誕生したのが土佐はちきん地鶏です。



80~90日で雌雄平均で3kgに成長し出荷できるようになります。

平飼いで充分な運動をしながら過ごすので、引き締まった肉質で弾力ある噛みごたえ。

余分な脂肪がなく、うまみが凝縮されたような深みのある味わいです。

活発に運動をし健康的に育つため、若鶏より身がしまっているのが、はちきん地鶏の特徴です。



────── ◆ ──────



このはちきん地鶏のシャブシャブに使っていただくのが、すえひろ屋特製ポン酢です。

地元嶺北(れいほく)で採れたゆずを使用し、すえひろ屋が独自で開発したポン酢です。

たまり醤油、柚子の絞り汁、昆布、鰹節などを混ぜ合わせて当店で手作りし、熟成させた、すえひろ屋特製です。

人気で、中にはこのポン酢を買いたいというお客様もいらっしゃいます。



────── ◆ ──────



大豊豆腐も入れて下さいね。

普通の木綿豆腐に比べて固いのが特徴です。

堅い田舎豆腐なので、柔らかい豆腐しか知らない人は驚くかも。



高知県の山間部では固い豆腐が好まれます。

売り場でもよく「この豆腐は固いか?」とお客様に尋ねられます。

そんな山間部ならではのこだわり豆腐です。



固い田舎豆腐の中でもこの「大豊とうふ」は天然ニガリ100%の豆腐として製造もこだわって作られています。

天然ニガリには塩分が含まれるため固めるのが大変難しく、大量の大豆を使用するそうです。



機械に頼ってはうまく豆乳を固めることができないため、職人の手作りで作り上げています。

だからこそ歯触りがまろやかで普通の豆腐より粘りけがあり、大豆の味がしっかりした甘みのある豆腐ができあがるのです。

薪で炊いて高知産の天然にがりで固めました。

大豊町岩原では昔から有名な、こだわり豆腐です。



────── ◆ ──────



さらに、本山町・東條さんの小松菜も1束入れておきますね。



────── ◆ ──────



ご注文は2月5日23時59分で終了です!
20日頃の発送となります。
お早めにご注文下さい。





───────────────
【土佐の酒と肴の頒布会2月】
●すくも酒造(宿毛市)土佐藩〈720ml〉
●はちきん地鶏しゃぶしゃぶ用(ムネ200g)
●すえひろ屋特製ポン酢(140ml)
●大豊豆腐(1丁)
●本山町・東條さんの小松菜(1束)
www.suehiloya.com/SHOP/22-003.html?mm=11209
───────────────
【旬のグルメ頒布会2月】
●A高知県産びんびせっと(メヒカリ、ほたれ、沖うるめ、太刀魚みりん)
  または
 B高知県産甘いもんせっと(黒糖もちまくら、ほしか、あんもち)
 (注)特にご指定が無い場合は、Aのお届けとなります
●土佐市岡田さんのEM文旦(2Lサイズ1玉)、高知県産土佐文旦(2Lサイズ1玉)
●河村かまぼこの野菜天(1袋)
●大月町産イカ一夜干し(2枚)
●すえひろ屋特製おいなりさん(3個)
www.suehiloya.com/SHOP/22-002.html?mm=11207
───────────────
【旬のグルメ頒布会+(プラス)2月】
上記の頒布会に1品プラスしました。今月は『高知産家庭用文旦(約5kg、ムッキーちゃん付!)』を一緒にお届けします。
www.suehiloya.com/SHOP/1-051.html?mm=11208
───────────────
【お肉の頒布会2月】
幻の和牛と呼ばれる土佐あかうしと、月替わりで厳選お肉をお届けします。さらに一緒に食べるとおいしいもんを同梱。何が入っているかは開けてからのお楽しみ♪
www.suehiloya.com/SHOP/22-044.html?mm=11210
───────────────
【野菜の頒布会2月】
10種類前後の野菜を詰め合わせてお届けします。すえひろ屋のバイヤーが厳選した旬の野菜は、安全で安心。野菜本来の濃い味をお楽しみいただけます。
www.suehiloya.com/SHOP/22-004.html?mm=11211
───────────────





★==============
(2)ジビエ!?土佐あかうし!?極上のステーキハウスとは??
==============★

昨年高知市内に新しいお店ができていたのですが、なかなか行けずにようやく行くことができました。

Facebookで友達の投稿を見てるとよくシェアされていたので、ずーっと気になっていたのです。



【松原ミート】
住所:高知市追手筋1-3-9 いしもとビル1F
TEL:090-2827-0185
定休日:日曜、不定休
営業時間:18:00~閉店は日による



────── ◆ ──────



お店に入ってメニューを見た時は、ジビエ料理を専門にやられてるお店かと思っちゃいました。

しかし店主さんにお聞きすると、そうではないということです。

お肉全般に深い興味があって、猟師さんを含む生産者が儲かる仕組みを作っていきたい。

そのためには、余すところなく美味しい料理を提案したいとのことです。



料理の名前はすっかり忘れましたが、黒い豆と一緒に煮込んだ美味しい料理でした。
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/12/PC080028.jpg

ソーセージも自分で一から作るほどのこだわりぶりです。
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/12/PC080017.jpg



────── ◆ ──────



やはり、お肉と言えばステーキを食べないわけにはいきません。

塩だけで食べてみましたがあっさりと食べることができる土佐あかうしでした。
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/12/PC080037.jpg

わざわざ高知市内に出てまで、この嶺北地域で食べれることができる土佐あかうしを食べなくても!?と思われるかもしれませんが、消費しないわけにはいきませんので(笑)

おかげで赤ワインが進んだのは間違いありません。





★==============
(3)今週のランキング
==============★

★1位:小夏ジュース【280ml×12本、化粧箱入り】

高知の初夏の味『小夏(こなつ)』をジュースにしました。酸味と甘みのバランスがとても美味しい果実です。宮崎県では「日向夏」と呼ばれ、愛媛では「ニュ-サマ-オレンジ」とも呼ばれています。自然で素朴な味わいです。
www.suehiloya.com/SHOP/1-077.html?mm=11212



★2位:四万十うなぎせっと<3尾>

四万十川の河口で獲れたシラスウナギを、四万十川の伏流水で育てた安全で安心な国産鰻です。もちろんホルモン剤や抗生物質は一切与えていません。
www.suehiloya.com/SHOP/30-012.html?mm=11213



★3位:清水サバ姿寿司<皮あり>

尾頭付きのサバを丸々一匹、姿寿司に仕上げました。高知ならではの豪快なお寿司です。味付けは、酢を強めに利かせた田舎風の仕上げにしています。
www.suehiloya.com/SHOP/31-006.html?mm=11214



★4位:土佐の焼肉せっと!〈竹〉

土佐あかうし赤身400g、はちきん地鶏モモ200gをセットでお届けします。3~4人前のボリュームなので、ご家族でお召し上がり下さい。送料無料でお届けします。
www.suehiloya.com/SHOP/25-096.html?mm=11215



★5位:土佐あかうし しゃぶしゃぶ肉

寒い夜には、あったか~い鍋が一番ですね。脂肪分が少なくヘルシーな土佐あかうしは、シャブシャブに最適。赤身のおいしさは、黒毛和牛の2倍以上もあるんです。
www.suehiloya.com/SHOP/21-008.html?mm=11216





★==============
(4)あとがき
==============★

昨年の話になりますが、実は高知大学で講義を行うことになったのです。

まさか私が授業するなんて思いもしてなかったのですが、せっかくお声をかけていただいたので、お受けすることにしました。



────── ◆ ──────



この授業は、高知大学の地域恊働学部を中心とした学生に、「高知の中小企業を知る」というテーマで、高知の中小企業の社長さんが順番に登壇されております。

高知にもいっぱい企業がありますが、大企業だけでなく、中小企業でもたくさん魅力的な会社があるよというのを知ってもらいたいというのが大学側の狙いです。



将来の就職を考え、高知県外に出るのもいいが、地元で就職してもらいたいという思いかもしれません。

主に地域協働学部の1・2年生が授業に出られますが、理学部や医学部の学生まで出席していたのは後から知ったことです。

私は「中山間地域の経営者を知る」というテーマでお話することになりました。



────── ◆ ──────



20歳前後の学生が聴く話ですので、一体何を話そうかしばらく悩みました。

今回は、大きく三つにわけてお話しすることにしました。



学生に話すのも初めてですが、120名近い学生にいかに伝わる内容にするのかが課題です。

事前に他の社長さんが話す機会を見学にどんな様子なのか探りに行きました。

やはり後ろに座る学生は、授業に対する意識が低く、前に座る学生ほど意欲的で熱心に聞いているのが伝わってきました。

私の中ではいかに学生を寝ささないようにするのかが、一番の目標でした(笑)



1.誰にでも転機(チャンス)はある。チャンスは平等にやってくる。

2.生きることは食べること。食べることは体を作ること。

3.強みを活かす。



大きく三つにわけて、上のようなお話をしました。



────── ◆ ──────



緊張からか言葉に詰まることもありましたが、画像を見るとそんなに緊張しているようには見えませんね。
www.suehiloya.jp/wp-content/uploads/2016/12/PC080014.jpg

残念ながら、授業の最初の方では後ろの方で寝ている学生もいたりして、目標は達成できませんでした。

それでも食の話に変わるとムクッと起き上がり、耳を傾ける学生が増えたように感じました。

特に普段どんなものを食べているか?という話で、菓子パンやスナック菓子、アイスクリームにペットボトル飲料などで終日過ごしていないかという話に興味を持ってくれたようです。



授業後には学生が提出した120枚ほどのレポート全てに目を通しました。

食の大切さが少しは伝わったのではないでしょうか。

引き受けてよかったと思ったことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント