かねてからの念願!?少年野球「嶺北(れいほく)ジュニア」に入部しました。

嶺北ジュニア
もちろん私のことではありません。息子が少年野球「嶺北(れいほく)ジュニア」に入部しました。実はこの嶺北地域は人口が減り、子供の数が減っているのもあって、選べるスポーツがあまりません。息子自身はサッカーをやりたかったようですが、サッカー部自体がありませんので、断念・・・私はバスケットボールをやっていたので、同じスポーツをやらせたい、教えたいと思うのが親の思いではないでしょうか。しかし、残念ながらバスケットボールもこの地ではチームがありません。

あるのは、剣道と少年野球です。女の子の場合は、野球がバレーボールに代わり、どちらにしてもあれこれ選択肢がないのが事実です。休みの日ごとに暇そうにしている息子を見て、剣道か野球かをやらせたいと思っていましたが、やっとのこと選んだのが野球でした。

実は私も小学校の時に、野球をやりたいと思っていたのですが、申込書を期限までに出すのを忘れてしまい、何かスポーツをしようと思って選んだのがバスケットボールでした。そのバスケットボールを20年以上続けたのは今でも驚きでした。もしかしたら野球をやっていたかもしれません。その思いが残っているかもしれませんが、息子に野球をやらせたいと思ったの理由の一つでしょうか。

上の画像を見てわかるように、全くもって素人ですが、私に似て格好だけは一丁前です。私も何か新しいことを始める時は格好から入りますので・・・(汗)入部してすぐに練習試合があるということで、ユニフォームをいただきました。まさか正式なユニフォームを2年生でもらえるとは思っておらず、ビックリしたことです。更にビックリしたことは、どうせベンチで応援するのが世の常と思っていたのですが、さっそく練習試合に出ていました。低学年での練習試合でしたが、人数がちょうどということもあり、さっそくかり出されたようです。

嶺北ジュニア
ルールも言葉もよくわからないままですが、楽しそうにやっていますので、それはよかったかと思っています。私も野球のことはよく知りませんので、道具や服を買うのにも一苦労です。一体何を買えばいいのかわからない。種類は一杯あるし、将来のことを考えるとついつい大き目のサイズを選んでしまいがちです。

嶺北ジュニア
先日高知新聞にも掲載されていましたが、嶺北ジュニアと西アフリカの選抜チームの交流がありました。一番左端で少し離れた状態でいるのが息子です。勝手がわからず困惑しているのが、その距離感でわかりますね。息子の成長はもちろん、私自身の健康のためにも、少し体を動かしてみたいという気持ちになっています。張り切り過ぎて怪我だけには気をつけたいものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント