2年前からの約束がようやく実現!?鮎釣りを間近で見ることができました。

鮎釣り
7月1日より嶺北地域は、鮎釣りの解禁となり、嶺北地域を流れる色んな川で鮎釣りをしている姿を見かけることができます。せっかく山で住み出したのだから、ちょっと川釣りでもしてみようかと思ったのが今から約2年前。当社社員の中で、毎年のように鮎釣りをしている男性社員がいますので、一度見学に連れてってとお願いしていたのです。

しかしながら、私に急遽予定が入ったり、休みが合わなかったり、やっと行けるとなった日には台風や大雨なので、河川が増水し行けなかったのを2年繰り返しました(汗)そんな反省を活かし、1年前から釣りに行く日を決めていました。7月1日の解禁日に行こうと決めていたのですが、やはり梅雨の影響で川が増水し、今年も行けず・・・

昨年と唯一違うのは、もし行けなかった場合の予備日を用意していたことです。同じことを繰り返さないように2日分も予備日を設定していました。そのおかげもあって、やっと鮎釣りに参加することができました。

鮎釣り
男性写真も普段とは違う格好で、ビシッと決まっています。待ち合わせ場所に行ったときは、本人かどうかわかりませんでした(笑)鮎釣りは友釣りですので、針の引っ掛け方や狙うスポットを丁寧に教えてもらいました。この日は解禁してからしばらく経っておりましたので、大きなサイズの鮎はなかなかかからず、比較的小さめの鮎がかかりました。

夏の日差しは強く、熱中症になるのではないかと心配していましたが、川のほとりまで来ると、冷たい川に足をつけるだけで体温が下がるような感じです。そうはいっても私は慣れていないので、3時間ほどでお先に失礼させてもらいました。こちらの男性社員はやはり一日がかりで鮎釣りを楽しむようです。その釣った鮎を酒のアテのするのがたまらなく幸せなのだとか。

鮎釣り
おすそ分けしてくれた鮎を、翌朝の朝食に塩焼きにしていただきました。天然の鮎は全く臭みもなく、一尾ペロリと食べることができました。美味しい鮎でした。日頃忙しくしているので、これ以上趣味を増やしてしまうと、更に時間がなくなってしまうのも考えものですが、せっかく山に住んでいるのですから、お山ならでは趣味もちょっともちたいものですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント