汗見川清流マラソン大会に申し込んだところ、まさかの結果に!?

汗見川マラソン
結論から申し上げますと、汗見川清流マラソン大会に当選しました!

汗見川清流マラソンとは?

真夏の暑い時期ながらも、コース中には木陰や谷などあり、汗見川の清流を眺めながら気持ち良く走れるマラソン大会です。夏場に開催されるマラソン大会が少ないせいか、毎年あっという間に定員の1000名を超える応募がある人気のマラソン大会です。吉野川の支流に位置する汗見川はとても透明度が高く、アユやアマゴの住む清流として知られていますので、走った後に冷たい水が流れる汗見川に飛び込んでもいいかもしれません。

応募方法は、インターネットからと郵送による応募の二種類がありまして、私は郵便による応募で当選しました。昨年は残念ながら当選しませんでしたので、昨年の反省を活かし、インターネットから申し込み予定でした。ちゃんと申し込み時間に間に合うように、予定もばっちり空けていたのですが、他事をしていてすっかり20分ほど遅れてしまったのです。まだ20分やから、十分間に合うだろうとパソコンを開けてみると、「受付終了」しましたの文字が・・・まさかこんなに競争率が高いとは、甘く見ていました。

1000名定員のうち900名がインターネットで抽選されます。残り100名の枠を、郵便にて抽選受付するのですが、だめもとで応募してみました。後から知ったことですが、100名の定員に対して500通を超えるこえる応募が来たようです。この話を聞いた時は、もうだめだなと諦めていたところに、嬉しいお便りが届いたわけです。

距離は、6km、10km、ハーフマラソンとあります。夏場にマラソンを走るのは初めてですので、とりあえず10kmでエントリーしました。というのも、別のマラソン大会のハーフに参加して、惨敗したことがありますので、もう少し練習をつまないとハーフは走れないというのがわかりましたので・・・ハーフマラソンで惨敗した記事は下記よりご覧ください。

湖畔マラソンハーフで撃沈されました・・・心が折れた二周目のアレとは?



10kmとハーフでは参加料は同額のため、悩みましたが現在の実力を考えると10kmを選択しました。とはいっても、しばらく練習していませんので、これを機会にまた練習を再開したいと思います。真夏のマラソンはちょっとドキドキしますが、楽しみながら走りたいと思います。走った結果はまたブログで紹介致します。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント