またこんなに日に開業・・・?移動スーパー「とくし丸」二台目は大豊町を巡回します。

とくし丸
2016年5月9日(月)に末広おおとよ店におきまして、とくし丸2台目の出発式を執り行いました。上の様子は出発式を行う準備や、積み込む商品の確認を行っております。

出発式の様子は早速翌日の高知新聞朝刊に取り上げていただきましたので、あわせて紹介させていただきます。

とくし丸
大きな記事を載せていただいたので、ありがたいことです。販売パートナーと呼ばれる個人事業主の仙田さんのコメントまで載っていました。

とくし丸
まずは私の方から地域の皆さんにご挨拶をさせていただきました。

が・・・

写真を見てわかるように、あいにくの雨です・・・

実はとくし丸1台目の時も「雨」でした。まさか二回連続で雨の中の開催となるとは予想していなかったですが、次第に適応力がついてきたようで、少々の悪天候でも順応できるようになりました。ちなみに1台目の出発式の様子は下記ブログよりチェックしてみてください。

天気は味方したのだろうか?移動スーパー「とくし丸」の出発式を執り行いました。


移動スーパー「とくし丸」とは?

約300〜400品目、約1000点を軽トラックに積んだ、コンビニより便利な移動スーパーです。加工食品やお菓子だけでなく、野菜、魚、お肉などの生鮮食品も販売します。その他にもお惣菜に日用雑貨などスーパーで買うのと遜色ありません。ただの宅配ではありませんので、お客様が実際に商品を見ながら触りながら選ぶことができます。販売パートナーと呼ばれる商品を運ぶ・運転する人は、商品を販売するだけでなく、地域の見守り隊として社会貢献しています。

 

とくし丸
販売パートナーの仙田さんにもご挨拶いただきました。仙田さんは東京から移住された方ですが、外から来られた人ほど地域のことがよくわかり、地域の人がなんとも思っていないものに価値があると気づいたりすることがあります。現在は土佐町にお住まいで、慣れない大豊町での商売になりますが、すぐ地域に馴染むことでしょう。

とくし丸
ご来賓を代表して、岩崎大豊町長にご挨拶いただきました。人口減少が進み、買物難民が増える中で、この移動スーパー「とくし丸」が地域に貢献することを大いに期待していると嬉しいお言葉をちょうだいしました。

とくし丸
最後に出発記念のテープカットを行いました。私自身二回目のテープカットとなりますが、やっぱりカットするタイミングがわからず、毎回人を見ながらのカットになりますね(汗)

本来であれば、今回も餅まきを行う予定でしたが、あいにくの天候により、用意していたお餅はご来店いただきましたお客様にお配りさせていただきました。餅まきはまく方も拾う方もテンションが上がり、楽しい催しの一つですが、またできなかったことが非常に残念です。それはさておき、無事2台目を走らすことができ、ホッとしております。まだ課題は多いですが、大豊町の方にご利用いただけたら幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント