ホットプレートのたこ焼き器でアヒージョパーティーをやってみた。はたしてその結果は!?

アヒージョ

ある従業員の報告会がありまして、報告も兼ねて一品持ち寄りのパーティーをやろうということになったのです。各自が思い思いの料理を持ち寄ったわけですが、私はたこ焼き器でするアヒージョを作ることにしました。

アヒージョとは?

————————————————————————————————————————————

スペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。素材となる物は海老、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、牡蠣、イワシ、タラ、野菜など多種多様である。オリーブオイルはバゲットやチュロスを浸して食べることも多い。(wikipediaより)

————————————————————————————————————————————

 

過去のブログにも、何度かアヒージョについて触れておりますので、時間のある時にでもご覧ください。

 

アヒージョ比較。高知の美味しいワインバーのアヒージョを注文してみた。

CGC合同商談会のあとは、美味しいものを食べに繰り出しました。

 

実はこのたこ焼き器でやるアヒージョは大手食品メーカーさんのテレビCMを見たり、ある販促セミナーでもご家庭で簡単にできる人気のメニューとして紹介されていましたので、以前からやりたかったのです。

やり方は簡単。まず具材のタコ、エビ、鶏モモ肉、ブラウンマッシュルーム、ホワイトマッシュルーム、ブロッコリーなどを一口サイズにカットします。たこ焼き器一面にはオリーブオイルを垂らします。結局なんやかんやといって、オリーブオイル1本ぐらいは使ったような気がします。ちょっと奮発して素材にこだわったオリーブオイルを使いましたが、全くそんな必要はなかったと今から思えばそう思います(汗)

アヒージョ

オリーブオイルの中に具材を入れる前に、刻みニンニクを入れて香りづけをしました。手前にきざみニンニクが鉄板の上にはみ出ているのがおわかりいただけるかと思います。それが面倒くさい方には、各大手食品メーカーさんから出ている「アヒージョの素」を使用してもいいですね。

上の二種類の画像を見て、予想できるかもしれませんが・・・



油はねが半端ありません!

動画を見ていただけたらわかると思います。ちょっと余計な音が入っていますが、特にタコやエビなどの水分を多く含んでいいる食材は余計に油はねが多いと思います。しかも、ちょっと温度が上がってくると「パン!」と爆発をしたりも・・・(汗)油がはねるのはある程度わかっていたので、ホットプレートの下には新聞紙を敷いていましたが、その爆発には対応できません。

結局ホットプレートの蓋をして調理することに(涙)串揚げパーティーのように、串に刺しながら、自分の頃合いで食べるというのを想像していましたが、全くそんなことにはなりませんでした。結論を言いますと、たこ焼き器でやるアヒージョパーティーをするなら、屋内ではなく屋外ですべきです。私のやり方が悪かったのかかもしれませんが、次回やるなら熱々の鉄の器または耐熱の陶器の中でグツグツと煮込む、通常のアヒージョがいいですね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント