火おこしも簡単!ウェーバー ラピッドファイアー チムニースターターを使ってみると・・・

チムニースターター

ゴールデンウィークに屋外でバーベキューをした方も多かったのではないでしょうか。BBQと焼肉の違いはもうご存知ですよね?まだ知らない方は下記よりご覧ください。

 

焼肉とBBQ(バーベキュー)の違いとは?購入したばかりのウェーバーバーベキューグリルで大きなバラ肉を焼いてみました。

 

この日はBBQではなくて、焼肉をしたわけですが、どちらも炭をおこす作業は欠かせないのは言うまでもありません。弊社相談役であるすえひろ屋おんちゃんが、ウェーバーバーベキューグリルと一緒に、火おこしの器具まで購入しているとは、この日まで知りませんでした。

ふと焼肉をする暖炉を見ると、変わった器具があるので、思わず写真におさめてしまったわけです。この器具はウェーバー ラピッドファイアー チムニースターターと呼ばれる火おこしするためのものです。



使い方はいたって簡単!

1.チムニースターターの下部に丸めた新聞紙を入れます。

2.暖炉の焼き網の上にセットして炭を投入します。

3.チャッカマン等で新聞紙に火をつけて15~20分放置します。

上部の炭が白くいこれば、火おこし完了です。

着火材を使用したり、一生懸命うちわで仰ぐ必要が一切ないのが素晴らしいところです。炭に火がつくまでは多少時間がかかりますが、その待ち時間をビールを飲みながら楽しむことさえできるので、画期的な器具の一つです。しかも隅々まで火が行き渡るので、この炭を広げても暖炉全体に火力が変わらないのもいいですね。どうしても、暖炉の中でうちわなどで炭をおこすと真ん中は火力が高いですが、端の方は弱いということはよくあることですよね。

ウェーバーバーベキューグリルとこのウェーバー ラピッドファイアー チムニースターターをセットで使いこなすことができれば、モテることは間違いないでしょう(笑)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント