勇気のコップは溢れているか!?黒岩禅さんの講演を1日2回も聞きました。


土佐町小中学校のPTA研修会で貴重なお話を聞くことができました。「黒岩禅」先生のお話を1日に2回も聞くことができたのです。黒岩禅さんとは一体何者なのか?頭にはバンダナをしていますので、気になりますよね。

黒岩禅とは?

幼少期より父親からの虐待を受ける5歳のころ母親が失踪し父親も帰らず、あいりん地区のホームレ スたちと1〜2週間過ごす経験をする。学校でもイジメを受ける。9歳より新聞配達をさせられるが、 このときの経験が成果を生み出す考え方の原点となっている。その後、父親も失踪し児童養護施設に入所。 退所後、昼 間働きながら定時制高校を卒業し、アルバイトでTSUTAYA加盟店に入社。
現在も会社員として現場の問題解決・改善・企画、人材育成に取り組む。 講師としても全国の企業で講演する傍ら、児童養護施設の子どもたちに「大人になったらめっちゃ楽しい ねんで!」を伝える活動をしている。(ネットから引用)

私は今回初めてお会いしましたが、当社の幹部は必ずと言っていいぐらい、黒岩禅さんの話を聞いています。というのも、武蔵野さんの幹部塾に行くと、黒岩禅さんの講演を聞くことできる人気のセミナーなのです。そのご縁があって、今回土佐町に来ていただけることができました。

小中学校では子供達がわかるように、わかりやすい言葉で話されていたのが印象的でした。子供たちもどんどんと黒岩禅さんの話に引き込まれて行き、会場の温度が上がっていくのを感じました。


夜は末広の社員向けに講演をしていただきました。夜のお疲れの時にも関わらず、多くの社員が集まってくれたことに感謝しております。黒岩禅さんの話では、一言で表現すると「勇気のコップ」が溢れ出るようにしようという内容です。私も考えさせられる素晴らしいお話を聞くことができました。そのためには、日々の習慣を意識して見直して行きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL