真実は現場にあり!?お客様訪問をしてわかったこと。


営業担当者の社員と一緒にお客様訪問をして来ました。初日は大阪近辺のお客様、二日目は東京近辺のお客様を、真夏日の物凄く暑い中訪問するのは、予想以上に過酷でした。商売柄、お客様の元に出向き営業することはほとんどありませんが、当社のオリジナル商品を作り始めてから、営業活動も非常に重要であると感じて来ました。

普段慣れてないことをするので、お客様にたどり着くにも戸惑います。距離が場所がわからない。行くまでのルートをどうしたらいいか、そこまでの時間は?といった具合にわからないことだらけです。一応下調べをしてお客様までの距離・時間等はチェックしておりますが、いざ動いて見ないと思った通りには行きません。駅から出ても方向がわからない。スマホでナビをしても、違った方向に歩いてしまったなどなど、いろんなトラブルに合います。

しかしながら、実際に当社上位お客様に訪問してわかったことは、実際に足を出向かないと本当の声は聞けないと言うことです。展示会や商談会とかでお会いすることは何度かありますが、その時に聞くお声とは全く違ったものでした。お客様になっていない人の声を聞いてしまっていたようで、実際にお買い上げいただいている当社のお客様の声に耳を傾けないといけないと反省です。

おかげさまで、当社の商品開発にも多いなヒントをいただくことができました。今後の商品展開にご期待ください。

二日間歩きまくったので、足が棒のようになり、唯一の楽しみはもちろん美味しいものを食べることですね。お店はウルフギャング・パック  PIZZA BAR アレア品川店」です。ウルフギャングと言えば、熟成肉とステーキが有名なお店ですが、イタリアンのお店がホテルの近くにあったので、迷わず選びました。


都会に来るとどうしても野菜が不足がちになりますので、サラダは欠かせません。


パワーの源はやっぱりお肉ですね。赤身のステーキは脂っこくないのでいいですね。


焼きたてのピザも大変美味しかったです。しかしながら、夏バテしたのか、疲れたのか食欲があまりなかったですね。お酒を飲むのもあんまり進まず、早くホテルでゆっくりしたいそんな心境だったのを覚えています。


二日目のランチは、サラリと食べられるざるそばは、この暑い夏にはピッタリの食事でした。東京のお蕎麦は白っぽいのが驚きでした。今回の営業活動を今後の商品開発や販売に活かして行きたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL