【番外編】高知龍馬マラソン2018に出場して。


高知龍馬マラソンに出場して、約6時間半も走っていると(厳密に言うと後半は走ってない)色んなことが起こります。トラブルもあったりしましので、番外編としてお届けしたいと思います。

一番上の画像のように、沿道には多くの観客がいらっしゃいます。中でも知り合いや見た顔を見つけると、ちょっとテンションが上がることがよくわかりました。事前にFacebookでは知っていたのですが、「嶺北高校」の学生さんが応援に来ていました。どの場所で応援されているのかを知らなかったので、「嶺北」ののぼりを見つけた時は嬉しくなって、自然と沿道右側に足が向きました。

ちょっと興奮したのか、沿道のセンターにはコーンを置いてあるのに気付かなかったのです。ちょうど股間にコーンが当たるような感じで、コーンをまたぐ感じになりました。コーンに当たった時は「こけた!」と思ったのですが、なんとか耐えることができました。冷や汗ものでしたが、ここで転倒していたら、完走するモチベーションはなくなっていたと思います。真ん中にはコーンがあるので、前の人を抜く時にも気をつけないといけないのです。


沿道には色んな人がおりましたので、ついつい足がそちらに向きます。記念撮影をするのが、唯一の楽しみと言っても過言ではありません。aサイラちゃんがいたので、思わずパチリ。中に入っていたのはあの人なのでしょうか?


お取引先様であり、ゴルフ仲間であるTさんとも記念撮影。美味しい青果物を扱っているだけあって、疲れが吹っ飛ぶようなスイカをいただきました。給水所には飲み物以外に、トマトや文旦、きゅうり、みかんなど色んな美味しいものがありましたが、とりあえず一通り食べておきました(笑)


なんと言っても、一番のハプニングは完走した表彰状をどっかに忘れて来たことです。家になんとかたどり着き、息子から「お父さんの結果はどうやった?」と聞かれて、初めて表彰状がないことに気がつきました。多分完走した直後に慌てて着替えた時に、忘れて来たような感じです。記念に完走メダルをいただきましたけど、表彰状を紛失したので、タイムを書き込むことができませんでした。


後日高知新聞には、しっかりとタイムと順位が掲載されていました。7170位で6時間24分35秒でした・・・土佐町には同姓同名はいませんので、間違いなく私です。目標とは程遠いタイムでしたので、来年はこのタイムを忘れるぐらいにしたいものです。

また、後日ネットで高知龍馬マラソンを申し込んだRUNNETで詳しい結果を見ることができました。5kmごとのラップタイムを知ることができますが、前半はまだよかったものの後半は1キロ10分間もかかっておりました。まさに急ブレーキとはこのことです。以上で高知龍馬マラソンネタは終わりになりますが、来年はもっと楽しんで走りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント