ベンチマーキングすると劇的に変わる!?環境整備2年目に入りました。


仕事をやりやすくする環境を整えて備えることを環境整備と呼んでいますが、取り組み始めて2年目に入りました。

上の画像を見たらわかるように、整頓が進むと誰でも目に見えるものを、元に返すことができます。以前は全くそのような取り組みをしていなかったので、ペンがなくなることがしょっちゅうありました。これらの文房具は会社の持ち物になりますが、なくなるのが嫌なので終いには個人名の入ったテプラを貼った文房具を見かけるようになりました。


文房具に限らず調理道具も整頓が進みました。初心者の方でも使ったものは元に戻すことができます。「〇〇ってどこにありますか?」と聞かれることも少なくなり、更には「前に言うたやん。何回聞けばわかるの?」と言ったトラブルも少なくなります。


普段見ることの少ない掃除道具置き場も劇的に変わっておりました。このように劇的に変わったのは、他社をベンチマーキングしてからですね。私が口頭で伝えたり、本を見せたり、画像を見せたりしましたが、それではなかなか伝わらないのがわかりました。現実・現場・現物を見せるとやっと理解してもらえるのを痛感しました。


ということで、他社だけじゃなく自社でもいいところがあるので、自社のベンチマーキングをすることに。普段他の部署へ行くことはなかなかないので、新鮮で、意外な気づきがあるようです。

そんなことでもう半期の実行計画を作成し、また新たな一年に向けて環境整備に取り組んで行きます。更に仕事がしやすい職場になることは間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL