利益は出たのか!?MG(マネジメントゲーム)でGアップを目指します。

MG
これで四回目のMG(マネジメントゲーム)になるでしょうか。

MG(マネジメントゲーム)とは?

マネジメントゲームMG(MG研修)は、40年前にソニーが開発した経営者育成研修です。現在までに大手企業を中心に4,000社、80万人が受講しており、海外にも展開されています。米国、韓国には早くから進出し、最近では中国や東南アジアでも注目されてきています。1976年、当時まだベンチャー企業だったソニーが、エンジニアにマネジメントのノウハウを短期間で、面白く体得させるためにはどうすればいいか?を考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

元々ソニーの社内用の研修でしたが、非常に高い評価を受けて、社外に提供するようになりました。

現在では、ソフトバンクの孫正義氏を初め、著名な経営者や上場直後の若手IT社長などがMG研修を受講し、その体験談をブログなどにアップしています。特に孫氏は熱烈なMG研修の愛好者として知られています。自身でも100期以上を受講し、かつソフトバンクの幹部層全員に(Yahoo!経営層なども含む)毎年のように受講させています。

リピーターが多い研修として知られています。(コチラより引用)

経営感覚が養われる研修で、ゲーム感覚で経営を体験でき、しかも熱くなるので、個人的に非常に好きな研修です。以前は一度研修を受けたらいいかなと思っていましたが、回数を重ねる度に違った気づきがあるので、今回もついつい力が入ってしまいます。

G(利益)アップとしたいと思って、会社名はそのまま株式会社Gアップにしました。今回は過去と比べて、これだけはやろうと決めて望みました。PQ(売上)はよかったですが、肝心のG(利益)は出ずに成果は出ませんでした。いつもは二日間かけて5期をやるのですが、今回は1日の3期までということで、さあこれから大逆転といったことができなかったのが残念でした。

つい忘れていた「経営が逆算である」というのを思い出させてもらいました。ありがとうございました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント