四万十町の新たな名所、「デュロックファーム」の工場を見学させてもらいました。

デュロックファーム
既に高知新聞等で報道されていますが、高知県四万十町に新たなスポットができました。

デュロックファームとは?

「四国デュロックファーム」は、米国産デュロック豚の生産農場として養豚農家が1972年に結成。現在はデュロック豚など3種類を掛け合わせた三元豚を飼育し、「四万十ポーク」として年間約1万4千頭を出荷している。3年前からブランド力向上と環太平洋連携協定(TPP)もにらみ、6次産業化を検討してきた。
自社農場の豚を町外で解体した後の肉ブロックを、加工場で処理する。食肉に加えて、テークアウト用のチャーシューやジャーキー、豚丼、ピロシキなど加工品の種類も豊富。いずれも津野町の「満天の星大福」を手掛けた高知市のフードプロデューサー、大原一郎さんの監修で、パテなどは高知市の飲食店でも提供する。
場所は、高知自動車道・四万十町中央インターチェンジから四万十市方面へ車で3分。地元の養鶏業者「ぶらうん」が運営する洋菓子店「こっこらんど」の隣で、敷地内には今後、バーベキュー施設も建設予定だ。(高知新聞より抜粋引用)

 

デュロックファーム
残念ながらオープンする前にお邪魔しましたので、販売店の様子はわかりませんでしたが、工場の中を少し見学することができました。当社も将来的に工場を建てたいという目標を持っていますので、設備や導線、レイアウトなどに非常に興味がわきます。外には豚の置物があり、豚へのこだわりを感じることができます。窪川の道の駅から西方面へ走ると、すぐ左手に見えて来ますので、ぜひ四万十町方面に行かれる際には寄ってみてください。

田中鮮魚店
せっかく窪川方面まで行ったので、やはりその土地のグルメを食べて帰らないわけにはいきません。久礼大正市場まで足を運んでみました。

【田中鮮魚店】

住所: 〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6382

電話:0889-52-2729

営業時間:9:00~17:00

定休日:基本第4火曜日(祝日の時は前後の火曜日)

 

以前にもメジカの新子を食べに行っております。下記ブログをチェックしてみてください。

今しか食べることができない特別な魚とは!?中土佐町「久礼大正町市場」でのお昼ご飯。

 

この日は鰹とウツボのタタキを頂きました。ごはんと味噌汁をつけて、お腹一杯の昼食となりました。そろそろ初鰹の時期ですので、鰹のタタキが美味しい季節はワクワクします。

ところてん 高知屋
久礼大正市場まで来たら、こちらのお店に寄らないわけにはいきません。当社の通販、頒布会などでお世話になっております。

【高知屋】

住所: 〒789-1301 高知県高岡郡中土佐町久礼6543−2

電話:0889-52-3399

営業時間:9:00~17:00

定休日:不定休

 

ぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

久礼大正町市場に来たら、ここに寄らないわけにはいかないお店とは!?

 

毎回そうなるのですが、久礼大正市場に来ると、毎回これでもかというぐらいお腹いっぱいになります。あれもこれも食べたくなってしまうのが、人気の秘密かもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント