端午の節句にたけのこ寿司を。「料理サプリ」のきおくのレシピに紹介されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


すっかり以前に取材を受けたことを忘れていました。2月上旬に「料理サプリ」というサイトを運営しているところから取材を受けていたのですが、その取材記事がアップされていたのを紹介することをすっかり忘れていました(汗)その時の様子は、下記記事からご確認ください。

 

どこにでもあるもんじゃないの!?たけのこ寿司を当たり前のように食べるのは、どうやら高知県だけのようです。

 

料理サプリ」とはプロのシレピを動画でみることができる、教えてもらえるサイトです。会員登録すると無料で最後まで動画を見ることができます。会員登録していないと途中までしか見ることができません。で、今回は「料理サプリ」さんのきおくのレシピというコンテンツの中に、当社のたけのこ寿司を端午の節句につくるレシピとして紹介されました。

そのレシピの内容はコチラよりご覧頂けます。私がたけのこ寿司について語っている写真を掲載して頂いておりますが、どうもニヤニヤしながら話している感じですね(汗)しかもカメラ目線じゃないのがもったいないと思いませんか?

すえひろ屋のたけのこ姿寿司とは?

————————————————————————————————————————————

当社のたけのこの姿寿司は孟宗竹(モウソウダケ)を使用しています。春に収穫した筍をアク抜きし、当社のオリジナルレシピで比較的甘く煮付けます。その煮た筍を冷凍保存しますので、一年間いつでも食べることができるのです。

たけのこ寿司の寿司飯は、実は通常の寿司飯とは違う隠し味をしているのです。隠し味といっても思いっきり画像に写っていますので隠し味にはなっていませんが、「山椒」を適量入っているのです。————————————————————————————————————————————

残念ながらたけのこ姿寿司は在庫切れとなっていますが、通常のたけのこ寿司はいつでも在庫がございますので、ぜひチェックしてみてください。

やっぱりプロの方がサイトを作ると上手に、しかも美味しそうに見えますね。あと、時間がある方は動画もチェックしてみてください。本来は姿寿司をレシピにしたかったようですが、たけのこ丸々を一般の方は手に入れる・購入することができないので、レシピ自体はだいぶアレンジを加えられたようです。

高知県での作り方とはは少々異なりますが、ぜひこれを機会にたけのこ寿司が全国的に広がればいいなと思います。高知県は旬の美味しいものを何でも寿司にしてしまう風習がありますが、このように取り上げていただけるのはありがたいことですし、昔ながら食文化を引き継いでいきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント