ステーキに!?ワインに!?ラーメンに!?東京食べまくり紀行となりました。

いきなりステーキ
以前に東京へ出張に行った際の食事がメインの内容となります。東京に行くと普段高知では食べれないものを目当てにお店を探したりします。この日は、前から行きたいと思っていたお店に行ってみました。別に東京じゃなくても、現在はいろんな地域でチェーン展開しておりますが、ふと思いついたのが、こちらのお店でした。

【いきなり!ステーキ 新宿西口店】

住所:〒160-0023 東京都新宿区 西新宿1丁目4-2

電話:03-6302-0929

営業時間:11時00分~23時00分

 

まさかステーキを立ち食いで食べる時代が来るとは思っていなかったですが、実際に食べてみると「あり」ということがよーくわかりました。まず店内に入ると、ステーキ以外のサイドメニュー、ライスやらサラダやらドリンクやらを注文しました。その後はステーキのカットコーナーにならび、好みの部位とグラム数、焼き方を注文します。上の画像は、リブロースステーキの300g、ミディアムで注文したものです。

いきなりステーキ
席の前には、このような肉マイレージカードがあり、ついつい目がそちらに行ってしまいます。頻繁に来るお店ではないので、カードを作るのはやめておきましたが、トータルグラム数でカードが変わって行くという面白いアイデアです。当社のスーパー部門や外販部門でも、このようなランク別の会員様サービスができないものかと考えることがあります。

初めて来てお店ですので、勝手がわからず、ついついキョロキョロと回りを見渡してしまいますが、女性のお客様が多かったのが印象的でした。この時はランチタイムでしたが、ステーキと一緒にがんがんハイボールを注文するキャリアウーマンや、ここぞとばかりにライス大盛りを注文する女性など様々で、それぞれの楽しみ方があるようです。

いきなりステーキ
リブロースともう一つ悩んだのが、ヒレステーキです。美味しかったのもあって、実は後日また食べに来たのです。最初は塩コショウのみで食べましたが、ステーキソースを絡めて食べるのもなかなか美味しかったです。まさか二日続けてステーキを食べることになるとは思ってもいませんでしたが、立ち食いならではなのか、案外食べれるものでした。二日目はワインと一緒に楽しむことができました。

わいん厨房たるたる
その後は場所を変え、違うお店へ。



実は「男と女のワイン術」という本を読んで、前々から行きたかったお店です。看板もないので、たどり着くのに少々苦労しましたが、一度行けば次迷うことはないでしょう。

わいん厨房たるたる

住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座8−12−1

電話:03-5565-989

営業時間:平日18:00〜2:00、土日15:00〜2:00

食事をしてきたので、あまり多くは食べれませんが、ちょっとしたチーズなどとグラスワインを楽しむことができました。オーナーさんのオススメされるがままに、ワインの違い、美味しさを感じることができました。

一蘭
十分お腹いっぱいだったのですが、とんこつラーメンがどうしても食べたくなり、「一蘭」というお店へ。東京でなくても食べれますが、駅前にお店があったりしてついつい寄ってしまいます。ピリ辛のスープと細麺の相性もよく、ここ最近は日本人のみならず海外からも多くの人が訪れるようになりました。初めて来た時は驚きましたが、席に囲いがありますので、回りを気にせずラーメンに集中できるお店です。女性も安心してラーメンを食べることができます。

というわけで、かなり無茶をした食事となってしまいましたが、みなさんマネをなさらぬように(汗)私もこの日だけにして、もう少し後のことも考えた食事にしたいものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント