これで本当に飲み放題のコース料理!?またまた「駱駝 別邸(らくだ べってい)」に行って来た。

駱駝別邸
またまた「駱駝 別邸(らくだ べってい)」さんにお邪魔してきました。今度は当社の調理に関わる社員を連れて美味しいものを食べることにしました。というのも、先日嫁さんを「駱駝 別邸(らくだ べってい)」さんに連れて行った時、料理の美味しさ、提案の仕方に感動して、ぜひ調理に関わる社員を連れて行き、勉強してもらいたい。感性を磨いてもらいたいと思ったからです。

過去に「駱駝 別邸(らくだ べってい)」さんに行った記事は下記のリンクよりご覧ください。

藁まで食べちゃダメよ。「駱駝 別邸(らくだ べってい)」の鰹のタタキは絶品です。

これぞ新しい鰹のタタキのカタチ。厚切り?薄切り?あなたの好きな食べ方はどっち!?

 

 

【駱駝 別邸(らくだ べってい)】

住所: 〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目9−4 リッチモンドホテル1F

電話:088-822-9981

営業時間 :17:30~翌1:00

定休日:日曜(祝前日は営業・翌日休み)

駱駝別邸
この日のお品書きはこのとおりです。

駱駝別邸
当社の社員を飲んで飲んで、更には食べますので、飲み放題のコース料理でないとお金を出す側が大変なことになりますので、今回は5000円の飲み放題コースと一部料理は追加させてもらいました。まずはこの画像の突き出しからですが、ちょっとお花を添えるだけで、オシャレに感じます。

駱駝別邸
通常飲み放題のコース料理といえば、大皿にどーんと盛られて出てくるのが当たり前ですが、お刺身も一人前ずつキレイにお皿に盛られて出てきます。たとえばマグロを食べたかったのに、あっと言う間になくなって食べれんかったということがありませんよね。

駱駝別邸
気がつけば、途中の料理を撮るのを忘れておりました。名物で和風れたしゃぶも美味しくいただきました。私は牡蠣は苦手なのですが、美味しいそうだったのでついつい箸が伸びてしましました。

 

駱駝別邸
最後の締めのご飯ものまで美味しく頂きました。いくつか写真を撮り漏れていますが、本当に満足できるコース料理です。この他に名物の料理を注文してみました。

駱駝別邸
藁焼き鰹のタタキはもう言うまでもありませんね。更には一番上の画像は、土佐の高知の美味しいものばっかりを集めた皿鉢料理です。土佐巻、炙りサバ箱寿司、四万十ポーク、あおさのりの天ぷら、めひかり天ぷら、うつぼの唐揚げなどなど。勉強になり、とっても美味しい皿鉢料理でした。

皿鉢(さわち)とは?

————————————————————————————————————————————

皿鉢とは、口径36センチくらい以上の浅い大皿いっぱいに、これでもかというくらい料理を盛り込んだのが、皿鉢料理です。皿鉢料理のことを組み物と呼びますが、お寿司が入ったものを組み込みと呼びます。和え物・揚げ物・煮物・練り物・焼き物などのお惣菜だけが入ったものは、組み物と呼びます。

あと、皿鉢料理と聞いて印象的なものは、女性がお酒を飲むための料理であること!高知県の女性は男性に負けるどころか、お酒に強い女性が多いのは、間違いない事実です。そんな県民性ですので、男性だけは料理を囲んで飲み、女性がそのお世話をするということにはなりません。そこで、女性が何度も席を立ったりしなくてもいいように、ゆっくりお酒を飲めるように、こんな大皿の料理ができたというエピソードは今でも忘れることができません。

————————————————————————————————————————————

 

単品で頼んでもよし、コース料理でもよし、そんな「駱駝 別邸(らくだ べってい)」さんにはまたお邪魔します。当社の社員はほんとによく飲んでいましたので、スタッフさんも飽きれてなかったかが心配ですが・・・(汗)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント