超激アツ!?「ランヤニコット」のスープカレーを食べる時には十分火傷に注意してください。

スープカレー

ここ最近、私の中でカレーにハマっておりまして、CoCo壱番屋のカレーとかを食べることが多くなっております。どこで食べれもまず失敗がなく、美味しいのがカレーですから、ついつい頼むことが増えたのかもしれません。更にはちょっと辛めカレーが好みになってきまして、その辛みで自然と汗が吹き出るぐらいが気持ちよく感じますね。

さて、今回はランチに熱々のスープカレーを食べにいくことにしました。

【ランヤニコット】

住所: 高知県高知市高須新町1丁目14−6 青山ビル 1F

電話:088-855-7117

営業時間:11:00~20:30

定休日:火曜日

ランヤニコットを経営されているのは、フードプロデューサーとしても有名な「大原一郎」さんです。高知県窪川町「あぐり窪川」の豚まんや、愛媛県新宮村「霧の森大福」などプロデュースされた方です。実は当社も「大原一郎」さんとのお付き合いも古く、当社のオリジナル商品「じゃがいもケーキ男爵さん」が高知県いい物うまい物コンクール特別賞受賞したもの、「大原一郎」さんにお世話になったのです。

また以前に当社が酒のディスカウント「酒の帝王」を土佐市高岡で営業していたことがありまして、そのお隣の店舗だったのが「卵屋」さんというケーキ屋さんだったので、当社も「卵屋」さんのスイーツを販売させてもらいました。現在はケーキよりもスープカレーの方が認知度が高くなっているような感じですね。

昔からのお付き合いですので、高知市内に出たときは、たまにランヤニコットさんに寄って、美味しいスープカレーを食べるのが楽しみの一つとなっています。今回私が注文したのは、レギュラーのスープカレーです。写真ではわかりにくいですが、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーなど大きくカットされた野菜がゴロゴロと入っております。あとは大きめの鶏肉が入っているのも嬉しいですね。



静止画ではこの熱々がわかりにくいと思って、思わず動画で撮影しました。このグツグツと沸騰している様子がおわかりいただけるかと思います。見ての通り超激アツですので、食べるのにも冷ましながらになるので、少々時間がかかります。このあと予定があったので、慌てて食べてしまいましたが、時間がゆっくりあるときに食べることをオススメします(汗)

カレーなので、もちろんライスは付いていますが、スープカレーだけでも野菜と具が一杯入っていますので、十分満足できる内容です。炭水化物が好きな私にとってはライスは絶対に欠かせませんが、そこをぐっと堪えたらいいのになと、あとになって思います。もしくはライスの量を減らすとか・・・

これからの暑い季節に、熱いものを食べて汗をかくのも気持ちいいものかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント