コーヒーは慌てて飲むものではありません。ブルーボトルコーヒーに行ってみた。

ブルーボトルコーヒー
東京新宿に行った際に、話題になった「ブルーボトルコーヒー」に行ってみました。朝10時から新宿で打ち合わせのために、打ち合わせ会場に着いたのが30分前でした。迷ったらいけないので、会場を確認してから待ち合わせ時間まで少し時間があったので、時間潰しのためにこちらのお店に入ってみました。

20分あれば、十分コーヒーを飲んで間に合うだろうと思っていましたが、考えが甘かった。ブルーボトルコーヒーでは、注文を受けてからそれからじっくりとコーヒーをいれるのです。気がつけば10分ほど前になっていました。しかも、この日は暑い日だったのにもかかわらず、やはりコーヒーの特徴を感じるにはホットコーヒーでしょ!?とホットコーヒーを注文しました。

もちろん熱いコーヒーを10分で飲み終えることができず、持ち帰り用のカップに入れ替えてもらって、お店を後にしました。お店の人にはお手間を取らせて申し訳なかったです。その後の打ち合わせでは、コーヒーの味を楽しみながら、みっちりと打ち合わせすることができました。

暑い日に熱いコーヒーを頼むと時間がかかるのを覚えておかないといけません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント