ボソボソ切れるのが特徴!?立川そばを食べてみた。


昨年の話になりますが、年越しそばに立川そばを食べることにしました。

立川そばとは?

たちかわではなく、たぢかわと発音します。参勤交代の番所がある大豊町の立川で作っています。極太切りの十割そば。ボソボソ感がクセになる大豊町の名物そばです。そばの実のまわりに付く甘皮を混ぜているので、そば本来の豊かな滋味を堪能できます。割りばしくらいの太めの麺で、つなぎを使ってないので短くなり、ボソボソとした食感になるのが特徴です。

以前にも同じような記事をアップしていますので、そちらもチェックしてみてください。

こんなにもボソボソ切れて、縁起いいの?立川そばを食べて新年のスタートとなりました。



 


改めて食べてみると、本当にボソボソです(笑)箸ですくうだけで、ぶちぶちと切れていきます。立川そばと同様に、地元の方が作るそばで汗見川のそばもありますが、そちらと比べると太めな麺で食べ応えがあります。今回は薬味もなしで、そばとそばつゆだけで食べましたが、美味しいおそばです。当店では年末にしか出てこない麺ですが、見つけたら食べてみてください。汗見川そばと食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL