高知で話題のワインとは!?「山北」と「稲生」、あなたはどっち?


先日、先輩経営者にお誘いいただいて、話題のワインを飲むことができました。

友達のFacebookで、新商品発表会を見かけたり、テレビではガイアの夜明けでも特集されていました。以前から飲んでみたいなーと思っていましたが、念願がかないました。

井上石灰工業さんが手がけた、「TOSAワイン」です。フランスやイタリア、チリなどと比べると、日本ではワインに合うブドウができにくいと言われていますが、鰹のタタキに合うワインを作りたいと夢見て作られたようです。

メルロー種を親に持つ「稲生」というものと、ピノ・ノワール種を親に持つ「山北」の二種類を飲み比べることができました。私個人的には「山北」の方が好みかもしれません。どちらも飲みやすいのは間違いないです。

こちらのワインはあんまり出回っていないようですが、土佐の高知の特産品として、広まっていけばいいですね。土佐のお酒の文化が更に進化するように思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL