地元の杉の木を使った木造モデルハウス



土佐町西端の石原地区では、2012年より「集落活動センター」という、高知県が県下に100箇所以上の開所を進めている「小さな拠点」を運営しています。

その流れでこの度、地元の杉の木を使った木造モデル住宅が完成しました。

石原地域を、そして土佐町を次の世代につなぐ為、地域住民や地域おこし協力隊などが主体となって、まだまだがんばっています。

本日の担当 なかなか

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント